肌の基礎知識

肌タイプ(肌質)の種類とケアのポイント

肌を気にする女性

あなたは自分の肌タイプ(肌質)をきちんと把握していますか?

肌タイプ(肌質)は生まれ持ったものもありますが、日常のスキンケアで変えることもできます。

自分の肌タイプ(肌質)を知り、それに合ったスキンケアを目指しましょう。

肌タイプの種類とケアのポイント

肌タイプを決める2大要素は皮脂量と保湿能力です。
皮脂量と保湿能力のバランスによって、肌タイプ(肌質)は5つのタイプに分類することができます。

普通肌(ノーマルスキン)

水分保持能力が強く、適度な皮脂量があります。
皮脂量と保湿能力のバランスが良く、うるおいのあるみずみずしい肌で、気温や湿度など季節的な要因にも柔軟に対応できるトラブルに強い肌タイプです。

ケアのポイント

肌が安定しているので、新しい化粧品を試してみましょう。

乾燥肌(ドライスキン)

皮脂量も保湿能力も低いため、季節の変化など外的要因の刺激を受けやすい肌タイプです。

特に乾燥が進む冬場は、肌が粉をふくことも。
バリア機能も弱いため外的刺激で炎症を起こしやすく、小じわが目立ちやすいです。

ケアのポイント

水分・油分ともに不足しているので、バランスよく両方を補うケアをしましょう。

脂性肌(オイリースキン)

皮脂量も保湿能力もどちらも高いのが脂性肌の特徴です。

肌はしっとりしているものの、皮脂量が多いのでテカりやすく脂っぽい。
また皮脂が皮脂腺を押し広げて毛穴が目立ちやすいです。

特に夏場には皮脂が過剰に分泌され、ニキビなどができやすくなる傾向があります。

ケアのポイント

洗顔をしっかり行い、肌の引き締め効果のある化粧品で皮脂を抑えましょう。

乾燥性脂性肌(インナードライスキン)

皮脂量は多いのに保湿能力が低い肌タイプです。

皮脂量が多く、一見脂っぽいので脂性肌と間違われがちですが、肌内部のうるおいがたりないため、ハリ不足や細かいしわができやすいのが特徴。

加齢とともに水分保持能力は落ちてくるため、脂性肌の人が若い頃のスキンケアをそのまま続けていると、この肌タイプになりやすくなります。

ケアのポイント

洗浄力の強い洗顔料はやめ、化粧水をたっぷり使い、セラミドなどで保湿成分を補いましょう。

混合肌(コンビネーションスキン)

脂っぽい部分と乾燥した部分が混在している肌タイプです。

額や鼻すじのTゾーンはテカるのに、あごや頬のUゾーンは乾燥する、Tゾーンの脂浮きがひどい、洗顔後、部分的につっぱる、季節によって肌質が変わるなどの特徴があります。

ケアのポイント

部分的に異なるスキンケアをする必要があります。
適度な洗顔と保湿成分入りの化粧水で肌を整え、乾燥する部分だけに乳液・クリームを使いましょう。

敏感肌とそのケアについて

5つの主な肌タイプとそのケアのポイントを見てきましたが、これらの肌タイプとは別に、「敏感肌」や「ゆらぎ肌」というものがあります。

「敏感肌」や「ゆらぎ肌」は肌タイプというよりは、肌のバリア機能がほとんど機能しなくなったことによって、肌が極端に敏感になっている状態だと言えます。

肌のバリア機能が極端に低下する原因は様々ですが、基本的なケアのポイントは「保湿」です。

そして、肌はちょっとの刺激にも敏感になっているので、できる限り肌への刺激が少ないアイテムによるスキンケアが望ましいと言えるでしょう。

そうしたスキンケアアイテム(美容液)のひとつに「レヴィーガ モイスチュアセラム」があります。

界面活性剤を一切使わない肌にやさしい処方に加え、化粧品の構造を肌と同じラメラ構造にして浸透力をアップ。

また今、話題の「美肌菌」を配合しているので、素肌力のアップも期待できる美容液です。

次のサイトでは、実際に「レヴィーガ モイスチュアセラム」を使ってみた管理人による使用体験談が詳しく紹介されていてとても参考になります。

レヴィーガ モイスチュアセラムを口コミレビュー~写真付き体験レポ

敏感肌に合う美容液を探しているという方は、ぜひ参考にされてはいかがでしょうか。

ターンオーバーとは?正常化するにはどうすればいいいの?

肌のターンオーバー

美肌を考えるうえで、ターンオーバーは欠かすことのできない重要な働きですね。

この記事ではターンオーバーとはどういうものなのか、美肌のためにどんな働きをするのか、またターンオーバーを正常にするにはどうすればいいのか、といった点についてご紹介していきたいと思います。

ターンオーバーとは?

肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーと言います。

こちらのページで述べたように、皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層からなり、さらに表皮は「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、「基底層」の4層でできています。

基底層に存在する基底細胞が分裂して新しい角質細胞が生まれ、少しずつ上の層へと押し上げられ、約28日間かけて最後は垢となってはがれ落ちていきます。

肌の細胞が生まれて死に、はがれ落ちていく約28日周期のサイクルをターンオーバーと呼んでいるんですね。

わたしたちがケガをして皮膚が傷ついても、かさぶたになってはがれ落ち、キレイな肌に生まれ変わるのは、肌のターンオーバーのおかげなんですよ。

ターンオーバーの周期

ターンオーバーの周期は約28日と書きましたが、この期間には個人差があります。

また一般的に加齢とともに新陳代謝が低下するので、30代~40代になるとターンオーバーの周期は45日程度になると言われています。

齢を重ねるほどに傷の治りが悪くなったり、若い頃にはなかったシミが目立つようになってくるのも、ターンオーバーの機能が低下してくるからなんですよ。

ターンオーバを正常にするには?

ターンオーバは遅すぎるのはもちろん、早すぎても肌トラブルの原因になります。

ターンオーバを正常に保つには何より生活習慣が大切。

  • 規則正しい生活
  • 良質な睡眠
  • バランスの取れた食生活
  • ストレスをためない

などを普段の生活で心がけるようにしましょう。

ターンオーバの第一段階である基底層における基底細胞の分裂は、おもに睡眠中に行われます。

睡眠不足が肌荒れやニキビなど肌トラブルの原因になることは、あなたも経験があるのではないでしょうか。

寝不足は美肌の大敵ですよ。

ターンオーバが遅くなり、くすみが目立ったり肌にゴワツキが感じられたりするときは、定期的にピーリングを行うのが効果的です。

逆にピーリングのやり過ぎや、洗顔のし過ぎでターンオーバが早まってしまうと、肌が乾燥しやすくなります。

この場合は洗い過ぎに注意し、クリームやワセリンで肌を保湿・保護してやることで、ターンオーバを正常にもどすことができますよ。

皮膚の構造~表皮・真皮・皮下組織

皮膚の構造

皮膚はわたしたちの体全体を覆う薄い膜で、外界の刺激からからだを守る役割を果たす人体最大の臓器です。

皮膚全体の面積は1.6平方メートル(畳約1枚分)、皮下組織を除く重さは約3kg、皮下組織を含めると約9kg(体重の約15%)にもなるんですよ。

皮膚の構造とターンオーバー

皮膚は外側から順番に「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3つの層でできています。

表皮はさらに外側から「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、「基底層」の4つの層に分かれています。

表皮の一番深いところにある基底層には、基底細胞が1列に並んで存在します。
この基底細胞が分裂して新しい角質細胞が生まれるんです。

基底層で生まれた角質細胞は有棘層、顆粒層を通り、角質層に達してその生涯を終え、死んで角質細胞になります。

角質層に達した角質細胞は徐々に上に押し上げられ、最後は垢となってはがれ落ちます。

基底層で角質細胞が生まれてから顆粒層まで進むのに約14日、角質層でとどまった後、垢となってはがれ落ちるまでに約14日かかります。

合計28日間で角質細胞が生まれてから垢となってはがれ落ちる肌の代謝を、ターンオーバーといいます。

美肌をキープするためには、肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に行われることが大切なんですよ。

皮膚の各層の働き

角質層

肌の一番外側でわたしたちのからだを守ってくれている角質層は、食品用ラップと同じわずか0.02mm程度の厚さしかありません。

この中に角質細胞がブロック状に重なって並び、セラミドを主成分とする角質間脂質が角質細胞の間を埋めて角質細胞をセメントのように接着しています。

これによって肌の水分をキープし、肌のバリア機能を働かせているんですよ。

真皮

真皮の70%はコラーゲン線維と呼ばれるたんぱく質の繊維でできています。

網目状の構造になったコラーゲンを、所々でつなぎとめる役割をしているのがエラスチン線維です。

そしてコラーゲン線維やエラスチン線維の周囲を埋めるように、ヒアルロン酸などのゲル状物質(基質)が存在しています。

エラスチン線維は肌のハリに重要な役割を果たし、加齢などでエラスチン線維が減少すると、肌にハリがなくなりシワやたるみの原因になるんですね。

皮下組織

皮下組織のほとんどは、いわゆる皮下脂肪です。

皮下脂肪というとあまり良いイメージがないかも分かりませんが、エネルギーを蓄えたり、外側からかかる力から体を守ったり(クッション作用)、体温を守る保温作用を果たしたりと、重要な役割を果たしているんですよ。