美容

正しいクレンジングの方法

クレンジングをする女性

夜のスキンケアの1番目はクレンジングでメイク汚れを落とすことですね。

スキンケアの中でクレンジングは最も肌に負担をかけるもの。
肌にダメージを与えないようにするために、ここでは正しいクレンジングの方法を見ていきましょう。

クレンジングの手順

  1. ヘアバンドなどで髪を生え際まで上げる。
  2. 手を洗い清潔なタオルで拭いた乾いた手のひらに、クレンジング料を適量取ります。
  3. クレンジング料をTゾーンからのせ、顔の中心から外側に向かってやさしくなじませます。
  4. 毛穴が詰まりやすい小鼻の周りなどは、指の腹で細かくクルクルと。
  5. 最後にぬるま湯で洗い流します。

クレンジングで汚れが落ちる仕組み

クレンジングで汚れが落ちるプロセスは、

  1. 油分でできているメイクをクレンジングの油分で浮かせる。
  2. 界面活性剤で汚れを乳化して水と混じるようにする。
  3. 乳化したメイク汚れを水で流し落とす。

というものです。

クレンジングの基本成分は油分と界面活性剤でできており、それぞれの配合バランスによって肌への刺激も変わってきます。

クレンジング料は肌質に合わせて選ぶことが大切です。

クレンジング料の種類

ローションタイプ(シート)

油分をほとんど含まず界面活性剤の力だけでメイクを落とす、洗浄力の高い拭き取りタイプの洗顔料です。

洗浄力も刺激も強く、さらに拭き取る時の摩擦もあるため、肌への負担が大きくなりがちです。

オイルタイプ

メイクを落とす働きのあるオイルに加えて、界面活性剤の量も多めです。
濃いメイクもしっかり落とせる反面、乾燥が気になることも。

ゲルタイプ

水に界面活性剤を多めに入れたものがゲルタイプの洗顔料。
みずみずしい感触とサッパリした洗い上がりです。

乳液タイプ

ほど良い保湿力があり肌への刺激も弱め。
クリームタイプと比べると油分が少なく、洗い流しやすい。
普通のメイクは乳液タイプで十分落とせます。

クリームタイプ

界面活性剤が少なく、油分が多めの洗顔料です。
適度な洗浄力と肌への優しさ、乾燥のしにくさが特徴。

油分が肌に残りやすいので、洗い流す前にティッシュオフするのがおすすめです。

クレンジングの注意点

肌に負担がかかるからと、使うクレンジング料の量を少なくしていませんか?
しかし、実はこれはNG行為。

クレンジング料の量が少ないと肌をこすることになり、摩擦で肌がダメージを受けることになります。

クレンジング料は肌の上で摩擦や抵抗なくスルスルとすべるくらい、たっぷり使うようにしましょう。

汚れをしっかり落とそうとしてクレンジング料でパックしたり、長時間肌の上にのせておくのもダメ。

メイクとなじんだらできるだけ早く洗い流すのが正解です。

たっぷりクレンジング料を使い、できるだけ早くメイクを落とすのが大切なんですよ。

またゴシゴシとこするのもNG行為。
手のひらでやさしくすべらせるようになじませましょう。

あなたは大丈夫?朝と夜のスキンケアの正しい順番

夜のスキンケアはメイクの汚れを落とし、日中に受けた肌のダメージを修復することが目的です。

対する朝のスキンケアの目的は、紫外線やホコリ、乾燥など、日中に受ける外部刺激から肌を守ってあげること。

それぞれ目的を頭に置いて、スキンケアの正しい順番を見ていきましょう。

夜のスキンケアの順番

夜のスキンケアの流れ

  • クレンジング⇒洗顔⇒スペシャルケア⇒化粧水⇒美容液⇒乳液・クリーム

クレンジング

肌にのせたファンデーションは、1日の終わりには汗や皮脂、ほこりと混じって汚れに代わります。

だから夜のお手入れはメイクをしっかり落とすクレンジングから始まります。
マッサージするようにメイクとなじませ、洗い流しましょう。

洗顔

クレンジング後は洗顔料を使ったダブル洗顔をします。
皮脂汚れやほこりなど、クレンジングで落としきれなかった汚れをきれいに洗い流しましょう。

洗顔料をよく泡立てて、泡で顔をマッサージするように洗い、洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。

クレンジングや洗顔はお風呂で行うのがおすすめです。
からだが温まると毛穴が開きやすくなるので、汗とともに汚れや皮脂が排出されやすくなり、毛穴の奥の汚れまできれいにできます。

お風呂では洗う順番も大事。
シャンプーやトリートメントは体に残りがちで、それが背中ニキビの原因になることもあります。

なのでシャンプー&トリートメントは最初にすませ、

  • 髪⇒体⇒顔

の順でケアするのがおすすめです。

スペシャルケア

パックやマッサージなどのスペシャルケアは洗顔後に行います。
ただし具体的な使い方が書かれているものは、それに従ってくださいね。

美容オイルは目的によって使用する順番が違ってきます。

肌を柔らかくしブースターとして使用するときは化粧水の前に、美容効果を高めるために使用するときは化粧水の後に、うるおいをキープするために肌にフタをするときはスキンケアの最後に使います。

化粧水

クレンジング・洗顔で流れ出てしまったお肌の水分を補うために、洗顔後の清潔な肌に化粧水をつけて水分を与え肌を整えます。

乾燥が気になる時はコットンを使った化粧水パックなども良いですね。

美容液

化粧水でお肌に水分を補ったら、すぐに美容液で保湿。

美容液には様々な効能のものがありますが、保湿成分が入ったもの、美白美容液、しわ用美容液など、あなたの肌悩みに合った美容成分配合の美容液を使いましょう。

乳液・クリーム

化粧水と美容液で与えた水分や美容成分を閉じ込めるのが乳液やクリームの役割。

乳液の後、クリームでフタをしましょう。

朝のスキンケアの順番

朝のスキンケアの目的は紫外線やほこり、乾燥などの外的刺激から肌を守ってあげることでしたね。

朝はメイクをしていないのでクレンジングは不要ですが、紫外線対策が重要になってきます。

朝のスキンケアの流れは、

  • 洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒乳液・クリーム⇒UVケア

となります。

朝のスキンケアは必ずUVケアまでと心得ましょう。

美肌菌を増やして目指せ!すっぴん美人!!

洗顔する若い女性

ここでは顔の美肌菌を増やす方法をご紹介していきましょう。

水だけ洗顔・ぬるま湯洗顔

肌の美肌菌を減らす一因として、洗顔のし過ぎ、洗顔料の使い過ぎということが挙げられます。

洗顔料を使って洗顔すると、顔の表面に住みついている美肌菌は洗い流されてしまいます。
そしてもとの数に戻るのには12時間程度かかると言われています。

もとの数に戻る暇もなく、朝晩の洗顔で美肌菌を洗い流していると、美肌菌の数が減って常在菌のバランスが崩れてしまうんです。

メイクを落とすために、夜はクレンジングと洗顔料を使った洗顔は必要ですが、朝は寝ている間についたほこりや、汗・皮脂が浮き出ているだけ。

余計な汚れは洗顔料を使わなくても、水だけ、またはぬるま湯洗顔で十分に落とすことができるんです。

また必要な美肌菌まで洗い流すことなく、さらに美肌菌のエサになる汗や皮脂も適度に残るので、肌の美肌菌が増えて常在菌のバランスも良くなるんですね。

朝は洗顔料を使わず、水だけ、またはぬるま湯洗顔をするようにしましょう。

肌断食

メイクをせずに肌を休ませる日を設けるというのが肌断食。

上述したこととも関わりますが、メイクをしなければクレンジングや洗顔料を使う必要もありません。

週末の2日間を肌断食にあて、メイクなし、朝晩、水またはぬるま湯だけの洗顔を行えば、肌本来の美肌菌・常在菌の状態に戻り、美肌菌のチカラだけでしっとりとした肌になりますよ。

ヨーグルトパック

これはNHKで放送された「美と若さの新常識」という美肌菌を紹介する放送の中で、「美肌菌」の名付け親である皮膚科医・出来尾格先生が推奨している方法です。

まず、

  • 無糖タイプのビフィズス菌配合ヨーグルト
  • 市販のフェイスマスクシート(ドライタイプ)

を用意します。

ヨーグルトは「脂肪分ゼロ」、「低脂肪」等の脂肪分カットのものではないものを選びましょう。

またいくらパックに使うものだからと言っても、賞味期限が過ぎた古いものはNG。
ちゃんと新鮮なものを用意しましょう。

フェイスマスクは美容成分を配合していないドライタイプを選んでくださいね。

パックの仕方にはヨーグルトと上澄み液(ホエイ)を使う方法と、上澄み液(ホエイ)だけを使う方法の2通りあります。

ヨーグルトと上澄み液(ホエイ)を使う方法

  1. 約50gのヨーグルトとホエイを容器に取ってよく混ぜる。
  2. 1を顔全体に均一に塗る。
  3. フェイスマスクを乗せて手で軽く押さえ、そのまま10分間パックする。
  4. 最後にぬるま湯で洗い流す。

上澄み液(ホエイ)だけを使う方法

    1. ヨーグルトの上澄み液(ホエイ)だけを容器に取り出す。

※上澄み液(ホエイ)が少ない時はヨーグルトをスプーンで切るようにまぜてしばらく放置すると、上澄み液(ホエイ)がしみだしてきます。

  1. フェイスマスクを容器に浸し、上澄み液(ホエイ)を吸収させる。
  2. フェイスマスクを顔にのせて10分間パックする。
  3. 最後にぬるま湯で洗い流す。

注意点として、

  • 肌に傷や炎症のある方はやめておく。
  • パックをして「しみる」と感じたらすぐに取り除き、ぬるま湯で洗い流す。
  • ソフトピーリング作用があるので、週2回を上限に。
  • 乳製品アレルギーの方はNG。

を守ってくださいね。

適度な運動

美肌菌のエサは汗と皮脂。
運動をしないと汗を出す組織の汗腺が少なくなってしまいます。

ウォーキングやストレッチ、またそこまでいかなくても、普段の生活の中でエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うといったことでもOK。

適度な運動をして美肌菌のエサになる汗をしっかりかく習慣をつけましょう。

適度な湿度

美肌菌は乾燥が苦手。
また美肌菌のエサの皮脂を出す皮脂腺も乾燥が苦手なんです。

空調が行き届いた部屋の中にいるとお肌はついつい乾燥しがち。
せめて家では加湿器等で部屋の湿度を60~65%にキープするようにしましょうね。

体温をあげる

美肌菌はヒトの肌に住みついています。
だからヒトの体温である36.5℃~37℃くらいが、美肌菌の好きな温度なんです。

運動不足や不規則な生活等で、基礎体温が低い人、基礎代謝が低い人も多いですよね。

適度な運動以外にも、入浴などで体温をあげるように心がけましょう。

良質な睡眠

良質な睡眠は美肌菌を増やすことに限らず、すべての基本ですよね。
規則正しい生活を心がけ、良質な睡眠をとるようにしましょう。

またベッドの中でのスマホは厳禁。
ブルーライトが良質な睡眠を妨げますよ。

育菌化粧品

化粧品にも美肌菌を増やす化粧品、皮膚常在菌のバランスを整える育菌化粧品が登場してきました。

育菌化粧品には2つの流れがあります。

ひとつは美肌菌を元気にする成分(美肌菌のエサ)が入った化粧品、もうひとつは美肌菌のエサではなく、美肌菌そのものが入った化粧品です。

美肌菌を元気にする成分(美肌菌のエサ)が入った化粧品には、乳酸菌「ラ・フローラEC12(エンテロコッカスフェカリスEC-12株)」を配合したもの、またオリゴ糖由来成分「グルカンオリゴサッカリド」を配合したものなどがあります

美肌菌そのものが入った化粧品というのは、自分の顔から美肌菌を採取して化粧品会社に送り、それを培養して化粧品の中に配合するというものです。

今の段階ではまだ商品の種類も少ないのですが、自分の肌の美肌菌を増やして戻すという、より直接的な方法を採用した育菌化粧品に大きな魅力を感じますね。

現時点で手にすることができる「自分の肌の美肌菌を増やして肌に戻す化粧品」については、次の記事が分かりやすく比較・まとめています。

エルピダ セリアとMy美肌菌、美肌菌バンクを比較してみた

育菌化粧品に興味のある方はぜひ参照してみてくださいね。