混合肌の特徴とスキンケアの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

混合肌

混合肌というのは、顔の中で部分によってタイプの違う肌のことを言います。

混合肌の特徴

混合肌の特徴としては、

  • Tゾーンはベタつくのに、Uゾーンや目もとなどは乾燥する
  • 背中や胸元などの皮脂の多い部分にニキビができる
  • 洗顔後、部分的にツッパリ感がある
  • 季節によって肌質が変わる

などがあげられます。

混合肌の原因

外的要因

外的要因の第一番目にあげられるのは、何と言っても紫外線の影響でしょう。

紫外線対策はすべてのスキンケアの基本ですが、顔の中でも位置が高く出っ張っているTゾーンは特に紫外線の影響を受けやすい部分。

しっかりケアしたいですね。

またエアコンや秋冬の空気の乾燥、過剰なスキンケア、刺激の強い化粧品なども、肌のコンディションを乱すもとですよ。

内的要因

内的要因としてまずあげられるのがストレス。
ストレスは体内に活性酸素を大量に発生させます。

活性酸素は肌のハリを失わせたり、ターンオーバーを乱れさせたりします。

またホルモンバランスの乱れも肌のコンディションを乱す原因のひとつ。
生理前後などはどうしてもホルモンバランスが乱れがちで、肌も影響を受けてしまいます。

混合肌に効くスキンケア

クレンジング

クレンジングはメイク汚れや古くなった皮脂汚れなどを落とすために必要なものです。

しかし洗浄力の強すぎるクレンジング料は、必要な皮脂まで取り去ってしまい、肌の乾燥を招きます。

比較的洗浄力のマイルドなクリームタイプのクレンジング料を使ってみて、肌の様子を見てみましょう。

クレンジング料はたっぷり使い、短時間でメイクを落とすようにするのが良いですね。

洗顔

洗顔料もクレンジング料と同じで、あまり洗浄力の強すぎるものは避けた方が良いですね。

洗顔する際のコツは、洗顔料をよく泡立てること。
たっぷりの泡でやさしくマッサージするように洗いましょう。

「泡で洗う」ように意識し、決して指でゴシゴシ擦ったりしないようにして下さいね。

化粧水

オイリーな部分が気になるからと言っても、混合肌の人は乾燥肌用の化粧水(しっとりタイプの化粧水)を選びましょう。

混合肌の人は普段から各部分の状態をチェックしておくことが大切。

乾燥が進む冬の時季などはUゾーンの乾燥も進みがち。
逆に暑い時季はTゾーンの脂浮きが気になるものです。

Uゾーンの乾燥が気になる場合は保湿ケアをしっかり行い、Tゾーンの脂浮きが気になる時には洗顔をしっかり行うなど、その時の肌の状態、部分部分の状態に応じたケアをしていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。