運動の美肌効果・美肌効果をもたらす運動とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動する女性

運動には様々な効果があることは、あなたも知識として、また経験上よくお分かりかもしれませんね。

この記事ではまず、運動のもたらす効果にはどんなものがあるのか、そしてどのような運動をすれば美肌のために効果があるのかをご紹介します。

運動の効果とは?

代謝アップ

運動をすると代謝がアップします。
ここで言う「代謝」には「肌の代謝」と体の「基礎代謝」があります。

肌の代謝がアップするということは、すなわちターンオーバーを促進して正常化するということです。

ターンオーバーの正常化が美肌につながることは言うまでもありませんよね。

また基礎代謝の向上はダイエットにつながります。

血行促進作用

運動には血行を促進する作用があります。
血行が促進されると肌のくすみやクマの改善につながりますよ。

成長ホルモンの分泌促進

運動は成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。
成長ホルモンは紫外線などでダメージを受けた肌の修復をしてくれます。

ストレス発散

運動すると精神を安定される作用がある、セロトニンという物質の分泌が促進されます。

この結果ストレス解消につながるんですね。

ストレス解消は自立神経の正常化・ホルモンバランスの正常化をもたらします。
女性ホルモン(エストロゲン)には肌のハリやうるおい、白さを維持するなどの美肌効果があるんですよ。

またストレス解消は質の良い睡眠につながり、質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌促進をもたらします。

美肌のためにはどんな運動をすれば良い?

ウォーキング

ウォーキングは体の中でも最も大きな筋肉である脚の筋肉を使う有酸素運動です。

このため短時間でも非常に効果が高い運動なんですよ。

1日5分、10分から始め、1回20分、週3回を目指しましょう。

まとまった時間を取ってウォーキングができない場合は、

  • 駅までを早足で歩く
  • エスカレーター・エレベーターを使わず、なるべく階段を使う
  • 通勤の時に1駅前で降りて会社まで歩く

など、日常生活の中でちょっとした工夫をしてみましょう。

また会社が近いなら、電車通勤を自転車通勤や徒歩の通勤にしてみるのもおすすめです。

ウォーキングが軽くこなせるようになったら、ジョギングに進んでも良いですね。

水泳

水泳は全身運動です。
有酸素運動でもあり、また筋肉を鍛えるので基礎代謝も上がります。

血行促進作用によるくすみ・クマの改善にもつながりますよ。

また水中では体にかかる重力が小さくなるので、膝に痛みがある人はウォーキングよりも体に体重の負荷がかからない、水中ウォーキングから始めるのも良いですね。

筋力トレーニング

ウォーキングが有酸素運動であるのに対し、筋力トレーニングは無酸素運動と呼ばれる、筋肉の力を短時間に瞬発的に出す運動です。

筋肉量が増えるため、基礎代謝がアップしダイエット効果があります。

また成長ホルモンの分泌促進による美肌効果も期待されますよ。

ストレッチ

寝る前のストレッチはリラックス効果があり、質の良い睡眠につながります。
また血行促進効果もあります。

朝のストレッチは、幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」の分泌を促進してくれます。

また空腹時のストレッチは脂肪燃焼効果があり、ダイエット効果が期待できますよ。

会社で仕事の合間に椅子に座ったままで伸びをする、体を左右にひねるなどのストレッチをするのも良いですね

激しい運動はNG

人は呼吸して酸素を取り入れることで生きています。

そして普通に呼吸しているだけでも、体に取り入れた酸素のうちの数%が、体を老化させる元凶である活性酸素に代わっていると言われています。

激しい運動はたくさんの酸素を体に取り入れることになり、活性酸素を大量に発生させます。

上記の運動は「心地良い」程度の強度で行うことが大切なんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。