正しい洗顔の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗顔する女性

洗顔は、クレンジングだけでは落としきれなかった汚れや、余分な皮脂や角質、ほこりなどを取り除くためのもの。

よく泡立てること、またしっかりすすぐことで、肌への刺激を抑えた洗顔をするようにしましょう。

洗顔の手順

  1. 最初にぬるま湯で顔をすすいでおきます。
  2. 洗顔料を手に取り、少量のぬるま湯を加えて、空気を含ませながらよく泡立てます。
    手で軽く押すとはね返されるような弾力のある泡がベストです。
  3. 皮脂の多いTゾーンから洗い始め、あご・頬のUゾーン、目もと、口もとへと洗い進めます。
    たっぷりの泡を顔にのせ、泡を肌の上で転がすようにして、泡に汚れを吸着させていきます。
  4. ぬるま湯で洗い流します。
    この時も手で肌をこすらないように注意しましょう。
    髪の生え際やあごの下、フェイスラインなど、すすぎ残しができやすい部分は手を横にして洗い流します。
  5. 洗い残しがないかチェックした後、清潔で柔らかいタオルで顔を押さえるようにやさしく水気を取ります。

泡立てネットの使い方

上手に泡が作れない時は、「泡立てネット」を活用しましょう。

  1. 泡立てネットを軽く水でぬらしてから洗顔料をつけ、ネットに空気を含ませるようにしながら泡立てます。
  2. 泡がたってきたらまた少し水をくわえ、空気を含ませるように泡立てます。
  3. 泡が出来上がったらネットを根元からしごいて泡を取り出します。

タオルで拭くときはやさしく

洗顔後の肌は表面に何も守るものがない状態。
タオルで強く摩擦すると肌はダメージを受けてしまいます。

洗顔後はタオルで顔を押さえるように、やさしく水気を取るようにしましょう。

洗顔料の種類

粉末(酵素)タイプ

酵素の力で汚れを落とすのが主流の粉末タイプ。
肌にやさしい植物性酵素のものもありますが、ピーリング効果のあるアミノ酸分解酵素のものは、使い続けると乾燥を招くこともあるので注意を。

ムースタイプ

洗顔料を泡立てるのが苦手な人におすすめ。
界面活性剤を多く含んでいるので刺激は強めです。

リキッドタイプ

製法が石鹸に近く、油分を残さずにスッキリした洗い上がりです。
合成界面活性剤のみで作られているものもあるので、肌の弱い人はこうしたタイプには注意が必要。

フォームタイプ

サッパリした洗い上がりのものからしっとりした洗い上がりのものまで、様々なタイプがあります。
油分を含むしっとり系のものは、洗顔後に薄い油膜が肌に残り、肌が乾きにくくなっています。

石鹸タイプ

適度な洗浄力とスッキリした洗い上がりのシンプルタイプ。
どんな肌質の人とも相性が良い洗顔料です。

表面積が大きいので泡立てやすく、弾力のあるキメの細かな泡を作ることができます。

洗顔はスキンケアの基本です。
正しい洗顔方法で美肌を作りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。