化粧水の使い方・役割・選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧水を使う女性

この記事では化粧水の正しい使い方、役割、選び方についてご紹介します。

化粧水の正しい使い方

化粧水は肌全体に行きわたるように伸ばし、角質層にしっかり浸透させるのが基本。
化粧水がきちんと使えるようになれば、みずみずしい肌が期待できますよ。

  1. 適量(500円玉大)の化粧水を手に取ります。
    ゆるいテクスチャーのものは半分の量を2回に分けてなじませます。
  2. 顔の中央から外側へと、手のひらで押さえるように化粧水をなじませます。
    顔全体にまんべんなく伸ばし、乾きやすい部分は特に念入りになじませましょう。
  3. 最後に化粧水を肌に押し込むようにハンドプレス。
    しっかり浸透させましょう。

コットンで化粧水をつけるのはあり?なし?

コットンで化粧水をつけると、均一に伸ばすことができる反面、コットンと肌との摩擦が肌への刺激になることもあります。

やさしく肌をなでるようにつければいいとは言え力加減が難しく、手でつける方が無難だと言えるでしょう。

もしコットンでつける場合は、コットンがヒタヒタになるくらいたっぷりの量の化粧水を使うようにしましょう。

コットンマスクは効果あり?

肌を密閉するコットンマスクは、肌への化粧水の浸透性がアップします。

ただし、長い時間肌にのせているとコットンが乾き、肌に浸透した水分がコットンに逆戻り。

3~4分くらいにとどめておくのが良いでしょう。

化粧水の役割とは?

肌の角質層をやわらげて、水分を補給する役割をするのが化粧水。
洗顔の後は肌の保湿因子も流されてしまうため、化粧水でそれを補うことが必要になります。

清潔好きでしっかり洗いあげることが好きで、さらに表皮が薄く水分保持能力が弱い日本人の肌には、化粧水による水分補給は欠かせません。

角質層がやわらかくなることで次に使うスキンケアの浸透性も高まり、肌のキメも整ってきます。

化粧水の選び方

上述した通り日本人の肌は水分保持能力が弱いので、化粧水を選ぶ際には保湿成分を重視したいですね。

最強の保湿成分と言われるセラミド、1gで6リットルもの水を保持する能力のあるヒアルロン酸などは、高い保湿力・保水力を持つ成分です。

次いでコラーゲン、ビタミンC(APPS:ビタミンC誘導体がおすすめ)、アミノ酸や尿素などの天然保湿因子(NMF)などが、保湿成分としてチェックしておきたいもの。

これらの成分が配合されている化粧水を選びたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。