脂性肌の原因と改善するためのスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂性肌の女性

皮脂の分泌が過剰でお肌がテカったり、朝起きた時にベタついたり、お昼には化粧直しをしないといけないなどがお悩みの脂性肌。

脂性肌によるトラブルには次のようなものがあります。

脂性肌によるトラブル

肌のテカリ

肌のテカリ、ギラつき、ベトベト感などが、脂性肌の代表的な自覚症状でしょう。

皮脂の分泌は男性ホルモンがつかさどっていますが、男性ホルモンの分泌量が多くなる思春期には、特に皮脂過剰による肌のテカリ・ベタつきが出やすくなります。

ニキビ

ニキビの原因菌はアクネ桿菌です。
ただしアクネ桿菌は正常な肌にも存在する常在菌。

アクネ桿菌が悪さをしてニキビの原因になるのは、皮脂が過剰に分泌されて毛穴がふさがれ、毛穴の中で異常増殖したときです。

あなたも経験的にお分かりだと思いますが、皮脂の分泌量が多くなる思春期にはニキビが増えやすいんですよ。

毛穴の黒ずみ

黒ずみの原因は毛穴に詰まった皮脂や汚れなどが酸化して黒くなったものです。

そのまま放っておくとイチゴ鼻などにもつながってしまいます。

脂性肌の原因

脂性肌は皮脂の分泌量が過剰になった肌のことですが、皮脂の分泌は男性ホルモンの一種テストステロンとステロイドの一種アンドロゲンがつかさどっています。

そしてこれらのホルモンは、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどによって多く分泌されます。

また意外と多いのが、皮脂量が多いからと洗顔等をしすぎ、必要な水分や皮脂まで奪ってしまって肌が乾燥したと感じ、皮脂をたくさん分泌してしまうというケース。

洗顔のし過ぎなども気を付けなければいけないポイントですね。

脂性肌を改善するためのスキンケア

クレンジング

皮脂をしっかり落とすることは大切ですが、あまり強い洗浄力のあるクレンジング料は肌への負担になります。

ミルクタイプやクリームタイプのクレンジング料がおすすめです。

洗顔

クレンジング料と同様に、あまり洗浄力の強すぎる洗顔料は、必要な水分や皮脂まで洗い落としてしまい、肌の乾燥を招きます。

肌が乾燥するとかえって皮脂がたくさん分泌されてしまうんですね。

マイルドな洗浄力の洗顔料を選びたいですね。

肌にやさしい洗顔方法

洗顔の基本は洗顔料をたっぷり泡立て、「泡で洗う」ことです。
皮脂や汚れを落とそうとして、指でゴシゴシ擦るのはNG。

泡でマッサージするようにやさしく洗いましょう。

保湿ケア

脂性肌の人でも肌内部は乾燥しているという人が多いもの。
保湿ケアはしっかり行いましょう。

特に皮膚が薄く乾燥しやすい目もとや、頬からあごにかけてのUゾーンはしっかり保湿してあげたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。