UV-A・UV-Bが肌に及ぼす影響

UV-AとUV-B

紫外線は波長400nm~280nmの光のこと。

※nmは10億分の1メートル。

UV-Aは紫外線の中で最も波長が長く、400nm~315nmの波長の光をUV-Aと呼んでいます。
UV-Aは地上に届く紫外線の約90%を占めています。

UV-Bが夏の7月~8月の間に特に多くなり、冬になると一気に地上に降り注ぐ量が減るのに対し、UV-Aは4月~9月まで多い状態が続き、さらに冬の間も夏の半分程度にまでしか量が減りません。

UV-Aは年間を通して量の変動が少なく、1年中気をつけなければいけない紫外線であると言えますね。

また量が多いため、買い物の時や室外に洗濯物を干す時など、生活の中のちょっとした時間でも肌へのダメージが蓄積していきます。

UV-Aは透過性が高いため、窓ガラスも透過してしまいます。
このため、室内にいる時や車の運転中であってもUV-Aへの注意が必要です。

さらにUV-Aは肌(表皮)の奥の真皮にまで到達し、真皮にあるメラノサイトを刺激して肌を黒くしたり(サンタン)、表皮にある淡色メラニン色素を酸化させて濃色メラニン色素に変えることもあります。

また真皮内のエラスチン線維やコラーゲン線維を変性させて、シワやたるみの原因を作るのもUV-Aの仕業なんですよ。

UV-BはUV-Aほど透過性は高くないため、ガラスを通り抜けて室内に到達することはなく、また肌への影響も主に表皮にダメージを与えます。

ただし波長が315nm~280nmとUV-Aよりも波長が短いため、エネルギーが強いのがUV-Bの特徴です。

UV-Bが肌に及ぼす影響で最も身近なものは、いわゆる「日焼け」です。

あなたもきっと経験があるのではないかと思いますが、海水浴やスキーなど強い紫外線を大量に浴びると、まず肌が赤くなる日焼けが起こります。

この肌が赤くなる日焼けのことをサンバーンと呼んでいます。

サンバーンは肌が紫外線によって炎症を起こしている状態で、紫外線を受けてから8~24時間でピークに達します。

強い紫外線を大量に浴びるサンバーンを繰り返すと肌の遺伝子が傷つき、皮膚がんの原因にもなるので注意が必要です。

サンバーンの状態が数日間続いた後、今度は肌が黒くなってきます。
この肌が黒くなる日焼けのことをサンタンと呼びます。

サンタンは紫外線によって肌のメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素を作ることで起こる現象です。

肌のターンオーバーが正常に行われていると、通常は数ヶ月後には表皮の中のメラニンが排出され、元の肌色に戻ります。

しかし加齢などの原因で肌のターンオーバーが遅くなるとメラニンの排出が進まず、肌の中に残ってシミやくすみなどの原因になるんですよ。

紫外線とは?~太陽光線の種類・紫外線の種類と特徴

紫外線

アメリカ皮膚科学会では肌の老化の約80%が紫外線による影響(肌老化)であると考えられています。

紫外線が肌に及ぼす影響がいかに大きいか、また紫外線対策がいかに大切かが分かる数字ですね。

この記事では紫外線とはどういうものなのかを、分かりやすくご紹介したいと思います。

太陽光線の種類

太陽光線には目に見える光と目に見えない光があります。
目に見える光(可視光線)は人の目には白色に見えますが、プリズム(分光器)を通してみると虹と同じ7色に分かれて見えます。

7つの色は波長の長い方から順に赤・橙・黄・緑・青・藍・紫と並んでいます。
そして、一番波長が長い赤色のさらに外側にある、目には見えない光が赤外線です。

一方、一番波長が短い紫色のさらに外側にある、目には見えない光が紫外線です。

紫外線の外側にはさらに、X線やガンマ線といった光が存在しています。

紫外線の種類

紫外線は波長の長い方から順にUV-A、UV-B、UV-Cの3つの種類があります。

このうち、UV-Cは上空のオゾン層と呼ばれる部分で吸収されてしまい、地上に届くことはありません。

(近年、このオゾン層の破壊が問題とされていることは、あなたもご存知のとおりです)

UV-Bも一部はオゾン層で吸収されますが、大部分は地上に届きます。
UV-Aはそのすべてが地上に届き、地上に届く紫外線の9割を占めます。

人の肌(や頭皮・髪など)に影響を与えるのは紫外線のうち、UV-AとUV-Bだと言えるんですね。

UV-Aの特徴・UV-Bの特徴

紫外線(光)は波長が短くなるほどエネルギーが強くなり、それだけ肌への影響も大きくなってきます。

逆に波長が長くなると、肌や物を透過するようになります。

地上に到達する紫外線の中でも波長の短いUV-Bはエネルギーが強く、肌に浴びると肌が赤くなったり黒くなったりする、いわゆる日焼けを引き起こします。

ただし透過性は少ないので、肌の一番外側の表皮までしか到達しません。

一方波長の長いUV-Aはエネルギーが弱いのですが、肌の表皮を突き抜けて真皮の組織まで到達します。

真皮には肌のハリ・弾力を保つために重要な働きをするコラーゲン線維やエラスチン線維などがあるため、これらに悪影響を与えて肌のシワやたるみなどの原因になるんです。

またガラスなども透過するため、室内にいる時や車を運転している時でも影響を受けます。

さらに量が多いため、買い物や洗濯物を干すときなどでも浴び続けることになり、知らず知らずのうちに肌の中にそのダメージが蓄積します。

強い紫外線を繰り返し浴びると、皮膚がんになる恐れもあるため、単に美容面だけではなく健康面でも紫外線対策は必要だと言えますね。

運動の美肌効果・美肌効果をもたらす運動とは?

運動する女性

運動には様々な効果があることは、あなたも知識として、また経験上よくお分かりかもしれませんね。

この記事ではまず、運動のもたらす効果にはどんなものがあるのか、そしてどのような運動をすれば美肌のために効果があるのかをご紹介します。

運動の効果とは?

代謝アップ

運動をすると代謝がアップします。
ここで言う「代謝」には「肌の代謝」と体の「基礎代謝」があります。

肌の代謝がアップするということは、すなわちターンオーバーを促進して正常化するということです。

ターンオーバーの正常化が美肌につながることは言うまでもありませんよね。

また基礎代謝の向上はダイエットにつながります。

血行促進作用

運動には血行を促進する作用があります。
血行が促進されると肌のくすみやクマの改善につながりますよ。

成長ホルモンの分泌促進

運動は成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。
成長ホルモンは紫外線などでダメージを受けた肌の修復をしてくれます。

ストレス発散

運動すると精神を安定される作用がある、セロトニンという物質の分泌が促進されます。

この結果ストレス解消につながるんですね。

ストレス解消は自立神経の正常化・ホルモンバランスの正常化をもたらします。
女性ホルモン(エストロゲン)には肌のハリやうるおい、白さを維持するなどの美肌効果があるんですよ。

またストレス解消は質の良い睡眠につながり、質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌促進をもたらします。

美肌のためにはどんな運動をすれば良い?

ウォーキング

ウォーキングは体の中でも最も大きな筋肉である脚の筋肉を使う有酸素運動です。

このため短時間でも非常に効果が高い運動なんですよ。

1日5分、10分から始め、1回20分、週3回を目指しましょう。

まとまった時間を取ってウォーキングができない場合は、

  • 駅までを早足で歩く
  • エスカレーター・エレベーターを使わず、なるべく階段を使う
  • 通勤の時に1駅前で降りて会社まで歩く

など、日常生活の中でちょっとした工夫をしてみましょう。

また会社が近いなら、電車通勤を自転車通勤や徒歩の通勤にしてみるのもおすすめです。

ウォーキングが軽くこなせるようになったら、ジョギングに進んでも良いですね。

水泳

水泳は全身運動です。
有酸素運動でもあり、また筋肉を鍛えるので基礎代謝も上がります。

血行促進作用によるくすみ・クマの改善にもつながりますよ。

また水中では体にかかる重力が小さくなるので、膝に痛みがある人はウォーキングよりも体に体重の負荷がかからない、水中ウォーキングから始めるのも良いですね。

筋力トレーニング

ウォーキングが有酸素運動であるのに対し、筋力トレーニングは無酸素運動と呼ばれる、筋肉の力を短時間に瞬発的に出す運動です。

筋肉量が増えるため、基礎代謝がアップしダイエット効果があります。

また成長ホルモンの分泌促進による美肌効果も期待されますよ。

ストレッチ

寝る前のストレッチはリラックス効果があり、質の良い睡眠につながります。
また血行促進効果もあります。

朝のストレッチは、幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」の分泌を促進してくれます。

また空腹時のストレッチは脂肪燃焼効果があり、ダイエット効果が期待できますよ。

会社で仕事の合間に椅子に座ったままで伸びをする、体を左右にひねるなどのストレッチをするのも良いですね

激しい運動はNG

人は呼吸して酸素を取り入れることで生きています。

そして普通に呼吸しているだけでも、体に取り入れた酸素のうちの数%が、体を老化させる元凶である活性酸素に代わっていると言われています。

激しい運動はたくさんの酸素を体に取り入れることになり、活性酸素を大量に発生させます。

上記の運動は「心地良い」程度の強度で行うことが大切なんですよ。