皮膚の構造~表皮・真皮・皮下組織

皮膚の構造

皮膚はわたしたちの体全体を覆う薄い膜で、外界の刺激からからだを守る役割を果たす人体最大の臓器です。

皮膚全体の面積は1.6平方メートル(畳約1枚分)、皮下組織を除く重さは約3kg、皮下組織を含めると約9kg(体重の約15%)にもなるんですよ。

皮膚の構造とターンオーバー

皮膚は外側から順番に「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3つの層でできています。

表皮はさらに外側から「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、「基底層」の4つの層に分かれています。

表皮の一番深いところにある基底層には、基底細胞が1列に並んで存在します。
この基底細胞が分裂して新しい角質細胞が生まれるんです。

基底層で生まれた角質細胞は有棘層、顆粒層を通り、角質層に達してその生涯を終え、死んで角質細胞になります。

角質層に達した角質細胞は徐々に上に押し上げられ、最後は垢となってはがれ落ちます。

基底層で角質細胞が生まれてから顆粒層まで進むのに約14日、角質層でとどまった後、垢となってはがれ落ちるまでに約14日かかります。

合計28日間で角質細胞が生まれてから垢となってはがれ落ちる肌の代謝を、ターンオーバーといいます。

美肌をキープするためには、肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に行われることが大切なんですよ。

皮膚の各層の働き

角質層

肌の一番外側でわたしたちのからだを守ってくれている角質層は、食品用ラップと同じわずか0.02mm程度の厚さしかありません。

この中に角質細胞がブロック状に重なって並び、セラミドを主成分とする角質間脂質が角質細胞の間を埋めて角質細胞をセメントのように接着しています。

これによって肌の水分をキープし、肌のバリア機能を働かせているんですよ。

真皮

真皮の70%はコラーゲン線維と呼ばれるたんぱく質の繊維でできています。

網目状の構造になったコラーゲンを、所々でつなぎとめる役割をしているのがエラスチン線維です。

そしてコラーゲン線維やエラスチン線維の周囲を埋めるように、ヒアルロン酸などのゲル状物質(基質)が存在しています。

エラスチン線維は肌のハリに重要な役割を果たし、加齢などでエラスチン線維が減少すると、肌にハリがなくなりシワやたるみの原因になるんですね。

皮下組織

皮下組織のほとんどは、いわゆる皮下脂肪です。

皮下脂肪というとあまり良いイメージがないかも分かりませんが、エネルギーを蓄えたり、外側からかかる力から体を守ったり(クッション作用)、体温を守る保温作用を果たしたりと、重要な役割を果たしているんですよ。

日焼け止めの基礎知識・正しい選び方・使い方

日焼け止め

紫外線は肌の老化を招くお肌の大敵。
正しいUVケア・紫外線対策は日常のスキンケアにおいて必須のものですね。

この記事では日焼け止めの正しい選び方、正しい使い方についてご紹介していきたいと思います。

SPFとPAについて

あなたは日焼け止めに表示されている、「SPF」と「PA」の意味を正しく理解していますか?

日焼け止めを選ぶ際の基準になる「SPF」と「PA」の意味について、まずは知っておきましょう。

紫外線はウルトラバイオレット=UVと呼ばれます。
そして、波長の短いものから順にUV-C、UV-B、UV-Aと分かれています。

UV-Cは上空のオゾン層で吸収されるため、地上には届きません。

地上に届くUV-B、UV-Aのうち、UV-Bは肌を真っ赤にしたりヒリヒリしたりする「サンバーン」と呼ばれる日焼けを起こします。

またメラノサイトを刺激してメラニン色素を発生させ、シミやそばかすの原因になるんです。

UV-Aの方は、サンバーンが治まった後に肌が黒くなる「サンタン」と呼ばれる日焼けを引き起こします。

UV-Bは表皮までしか到達しないのに対し、UV-Aは表皮の下の真皮にまで達し、シワやたるみ(光老化)の原因になります。

これらの前提知識の上で「SPF」というのは、UV-Bに対する防御力を示し、「PA」というのはUV-Aに対する防御力を示すものです。

「SPF」はSun Protection Factorの略で、UV-Bによっておこるサンバーンの発生をどれだけ遅らせることができるかを数値化したもの。

現在、最も強いものはSPF50+です。

「PA」はProtection Grade of UVAの略で、UV-Aによっておこるサンタンをどれだけ遅らせることができるかを数値化したもの。

現在、最も強いのはPA++++です。

日焼け止めの正しい選び方

長時間の外出や、日差しの強い海水浴や登山などのアウトドアシーンでは、SPF50+、PA++++の、どちらも最高値のものを選ぶようにしましょう。

曇りの日や雨の日、また室内にも紫外線は届きます。
短時間の外出や天気の悪い日でも、SPF値・PA値の低い日焼け止めで紫外線対策を忘れず行いたいものですね。

クリームタイプやミルクタイプ、スプレータイプなどがありますが、好みのテクスチャーのものを選べば良いでしょう。

日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めを使う点で注意したいのは、十分な量をムラなく伸ばすことです。
また1度塗ったら終わりではなく、2~3時間おきに塗り直すことも重要です。

ウォータープルーフのものだからといっても、何度も海やプールに入っているうちに薄くなっていきます。

必ずこまめに塗り直すようにしましょう。

乳液・クリームの正しい使い方・選び方

乳液

保湿効果、水分の蒸散を防ぐフタの役割、肌を柔軟に保つ役割などを果たしているのが乳液・クリームです。

ここでは乳液・クリームの正しい使い方、選び方についてご紹介していきますね。

乳液・クリームの正しい使い方

  1. 適量(10円玉大)を手に取ります。
    たっぷり多めに使うことが、効果を実感するためにおすすめです。
    硬めのテクスチャーのクリームは、手のひらで温めてゆるめてから使用すると、肌なじみが良くなり浸透力も高まります。
  2. 乳液・クリームを手のひら全体に広げ、顔の中央から外側へと伸ばし、肌を押さえるようになじませます。
    乾燥が気になる目もとや口もとには、さらに少量を重ね付けしましょう。
  3. 手のひらに残った乳液・クリームを首もとにも塗りましょう。
    上から下へとやさしくなでるように伸ばします。

乳液・クリームの選び方

乳液とクリームの違いは、水分と油分の構成バランスの違い。

みずみずしい感触が好みの人は乳液が、皮脂の分泌量が少なくなってきた年齢肌には、コックリとしたテクスチャーのクリームがおすすめです。

バリア機能を高めるために保湿成分が配合されたもので、その上に自分の肌悩みに合わせて美白やエイジングケアの成分がプラス配合されたものを選ぶようにしましょう。

保湿系成分

セラミドやヒアルロン酸、尿素、グリセリンといった、水分を抱え込んで逃がさない成分を配合したものがおすすめ。

サッパリした使用感が好みの方、普通肌やオイリー肌の人は乳液、年齢を重ねた方や乾燥肌の人はクリームを選びたいですね。

ベタツキが気になるTゾーンなどは少なめに塗りましょう。

美白系成分

シミやくすみの悩みには美白系の乳液・クリームを。
アルブチンやコウジ酸、ハイドロキノン、トラネキサム酸などが配合されたものを選びましょう。

保湿力にも気を付けて。

エイジングケア系成分

シワやたるみが気になる年齢肌にはエイジングケア系成分が入った乳液・クリームがおすすめ。

レチノール、コラーゲン、ビタミンC誘導体等が入ったものを選びましょう。

オイル・バームについて

オイル

皮脂膜をサポートして強化するのがオイルの基本的な役割。
ほとんどが油性成分で作られたオイルは、より保湿に特化されたアイテムです。

乾燥肌がひどい人、皮脂分泌量が下がってしまった人は、夜のケアの最後にオイルを使うのがおすすめです。

バーム

オイルの形状のひとつで、常温で固まったもののことをバームと呼びます。

サラサラのオイルに比べて肌に密着して密閉する効果が高いのが特徴です。

肌表面がケバ立つほどの乾燥肌の人の頼れる存在です。