美容液を使う順番・使い方・役割・選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容液をつける女性

美容液の定義は「化粧水と異なって粘度があり、保湿機能とともにクリームや乳液のようなエモリエント機能を持つもの」とされています。

この記事では美容液を使う順番や正しい使い方、美容液の役割、選び方についてご紹介していきますね。

美容液を使う順番

スキンケアの順番については「あなたは大丈夫?朝と夜のスキンケアの正しい順番」で述べた通りです。

洗顔後に化粧水で肌に水分を補給し、次に使うアイテムが浸透しやすい状態になったところに、化粧水より油分が多く、乳液やクリームよりも油分が少ない美容液を使います。

その後、うるおいを閉じ込めるための油分として乳液・クリームを使います。

美容液の使い方

美容液は少なすぎると効果が期待できないため、適量より多めに使うのがコツ。
10円玉大くらいの美容液をたっぷりと使うようにしましょう。

手に取った美容液を手のひら全体に広げ、顔の中央から外側に向かって顔全体に伸ばします。

最後にハンドプレスでしっかり浸透させましょう。

※「肌が動く」ほど力を入れてつけるのはNG。
やさしくなじませるのがすべてのスキンケアの基本です。

美容液の役割とは?

美容液は各メーカーの技術や有効成分が注ぎ込まれて作られています。

様々な種類があり、「保湿効果」を謳うもの、「美白効果」のあるもの、「エイジングケア効果」が期待できるものなど、効能・効果も様々です。

美容液の選び方

美容液の役割は上述のとおり様々なものがあります。

うるおいが足りない、シミが気になるようになってきた、乾燥による小じわが目立ってきたなど、各人の肌悩みに応じた効能・効果のある美容液を選ぶようにしましょう。

悩みがたくさんある時は、まず2つに絞って選びます。
2種類の美容液を使う時には、テクスチャーの軽いものから重いものへと使うのが基本です。

肌のターンオーバーは28日周期なので、選んだ美容液は1ヶ月は使い続けるようにしましょう。

すぐに効果が出ないからといって使うのをやめるのはもったいないですよ。

肌本来のチカラを引き出す美容液とは?

美容液には様々な効果を謳う様々な種類のものがあると述べました。

肌に不足している保湿成分や美白成分を与えてくれるという働きはもちろん大切なものですが、もっと重要なのは肌自らがうるおい、紫外線などの外的刺激から自らを守るという、肌本来のチカラを向上させることです。

このような観点から今注目されているのが、皮膚常在菌を整え肌の美肌菌を増やすことを目的とした美容液です。

現在、肌の美肌菌を増やす美容液には2つの種類(流れ)があります。

ひとつは肌の美肌菌のエサ(栄養)になる成分を配合したもの。
もうひとつは自分の肌から採取した美肌菌を化粧品に配合したものです。

こうした「美肌菌化粧品」を取り上げて、実際に使用してみた感想や、それぞれの美容液の違いなどを詳しく紹介しているのが次のサイトです。

美肌菌を増やして肌本来の力を引き出す!美肌菌化粧品特集【最新版】

あなたの美容液選びにきっと参考になると思いますので、ぜひ目を通してみてくださいね。

シートマスクはスペシャルケア?

高価なシートマスクを月に1度のスペシャルケアとして使っている。
そんな方も多いのではないでしょうか?

でも月に1度高価なものを使用するより、安価なものをこまめに使う方がより肌への効果が期待できます。
美容液代わりにシートマスクを使うのもおすすめですよ。

ただし、つけっぱなしのまま眠ったり、長時間つけたままにすると、水分がシートマスクに戻ってしまうので逆効果。
決められた使用時間は必ず守りましょう。

乾燥肌の方には、油分を多く含むクリームタイプのシートマスクもありますよ。

SNSでもご購読できます。