肌タイプ(肌質)の種類とケアのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌を気にする女性

あなたは自分の肌タイプ(肌質)をきちんと把握していますか?

肌タイプ(肌質)は生まれ持ったものもありますが、日常のスキンケアで変えることもできます。

自分の肌タイプ(肌質)を知り、それに合ったスキンケアを目指しましょう。

肌タイプの種類とケアのポイント

肌タイプを決める2大要素は皮脂量と保湿能力です。
皮脂量と保湿能力のバランスによって、肌タイプ(肌質)は5つのタイプに分類することができます。

普通肌(ノーマルスキン)

水分保持能力が強く、適度な皮脂量があります。
皮脂量と保湿能力のバランスが良く、うるおいのあるみずみずしい肌で、気温や湿度など季節的な要因にも柔軟に対応できるトラブルに強い肌タイプです。

ケアのポイント

肌が安定しているので、新しい化粧品を試してみましょう。

乾燥肌(ドライスキン)

皮脂量も保湿能力も低いため、季節の変化など外的要因の刺激を受けやすい肌タイプです。

特に乾燥が進む冬場は、肌が粉をふくことも。
バリア機能も弱いため外的刺激で炎症を起こしやすく、小じわが目立ちやすいです。

ケアのポイント

水分・油分ともに不足しているので、バランスよく両方を補うケアをしましょう。

脂性肌(オイリースキン)

皮脂量も保湿能力もどちらも高いのが脂性肌の特徴です。

肌はしっとりしているものの、皮脂量が多いのでテカりやすく脂っぽい。
また皮脂が皮脂腺を押し広げて毛穴が目立ちやすいです。

特に夏場には皮脂が過剰に分泌され、ニキビなどができやすくなる傾向があります。

ケアのポイント

洗顔をしっかり行い、肌の引き締め効果のある化粧品で皮脂を抑えましょう。

乾燥性脂性肌(インナードライスキン)

皮脂量は多いのに保湿能力が低い肌タイプです。

皮脂量が多く、一見脂っぽいので脂性肌と間違われがちですが、肌内部のうるおいがたりないため、ハリ不足や細かいしわができやすいのが特徴。

加齢とともに水分保持能力は落ちてくるため、脂性肌の人が若い頃のスキンケアをそのまま続けていると、この肌タイプになりやすくなります。

ケアのポイント

洗浄力の強い洗顔料はやめ、化粧水をたっぷり使い、セラミドなどで保湿成分を補いましょう。

混合肌(コンビネーションスキン)

脂っぽい部分と乾燥した部分が混在している肌タイプです。

額や鼻すじのTゾーンはテカるのに、あごや頬のUゾーンは乾燥する、Tゾーンの脂浮きがひどい、洗顔後、部分的につっぱる、季節によって肌質が変わるなどの特徴があります。

ケアのポイント

部分的に異なるスキンケアをする必要があります。
適度な洗顔と保湿成分入りの化粧水で肌を整え、乾燥する部分だけに乳液・クリームを使いましょう。

敏感肌とそのケアについて

5つの主な肌タイプとそのケアのポイントを見てきましたが、これらの肌タイプとは別に、「敏感肌」や「ゆらぎ肌」というものがあります。

「敏感肌」や「ゆらぎ肌」は肌タイプというよりは、肌のバリア機能がほとんど機能しなくなったことによって、肌が極端に敏感になっている状態だと言えます。

肌のバリア機能が極端に低下する原因は様々ですが、基本的なケアのポイントは「保湿」です。

そして、肌はちょっとの刺激にも敏感になっているので、できる限り肌への刺激が少ないアイテムによるスキンケアが望ましいと言えるでしょう。

そうしたスキンケアアイテム(美容液)のひとつに「レヴィーガ モイスチュアセラム」があります。

界面活性剤を一切使わない肌にやさしい処方に加え、化粧品の構造を肌と同じラメラ構造にして浸透力をアップ。

また今、話題の「美肌菌」を配合しているので、素肌力のアップも期待できる美容液です。

次のサイトでは、実際に「レヴィーガ モイスチュアセラム」を使ってみた管理人による使用体験談が詳しく紹介されていてとても参考になります。

レヴィーガ モイスチュアセラムを口コミレビュー~写真付き体験レポ

敏感肌に合う美容液を探しているという方は、ぜひ参考にされてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。