日焼け止めの基礎知識・正しい選び方・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日焼け止め

紫外線は肌の老化を招くお肌の大敵。
正しいUVケア・紫外線対策は日常のスキンケアにおいて必須のものですね。

この記事では日焼け止めの正しい選び方、正しい使い方についてご紹介していきたいと思います。

SPFとPAについて

あなたは日焼け止めに表示されている、「SPF」と「PA」の意味を正しく理解していますか?

日焼け止めを選ぶ際の基準になる「SPF」と「PA」の意味について、まずは知っておきましょう。

紫外線はウルトラバイオレット=UVと呼ばれます。
そして、波長の短いものから順にUV-C、UV-B、UV-Aと分かれています。

UV-Cは上空のオゾン層で吸収されるため、地上には届きません。

地上に届くUV-B、UV-Aのうち、UV-Bは肌を真っ赤にしたりヒリヒリしたりする「サンバーン」と呼ばれる日焼けを起こします。

またメラノサイトを刺激してメラニン色素を発生させ、シミやそばかすの原因になるんです。

UV-Aの方は、サンバーンが治まった後に肌が黒くなる「サンタン」と呼ばれる日焼けを引き起こします。

UV-Bは表皮までしか到達しないのに対し、UV-Aは表皮の下の真皮にまで達し、シワやたるみ(光老化)の原因になります。

これらの前提知識の上で「SPF」というのは、UV-Bに対する防御力を示し、「PA」というのはUV-Aに対する防御力を示すものです。

「SPF」はSun Protection Factorの略で、UV-Bによっておこるサンバーンの発生をどれだけ遅らせることができるかを数値化したもの。

現在、最も強いものはSPF50+です。

「PA」はProtection Grade of UVAの略で、UV-Aによっておこるサンタンをどれだけ遅らせることができるかを数値化したもの。

現在、最も強いのはPA++++です。

日焼け止めの正しい選び方

長時間の外出や、日差しの強い海水浴や登山などのアウトドアシーンでは、SPF50+、PA++++の、どちらも最高値のものを選ぶようにしましょう。

曇りの日や雨の日、また室内にも紫外線は届きます。
短時間の外出や天気の悪い日でも、SPF値・PA値の低い日焼け止めで紫外線対策を忘れず行いたいものですね。

クリームタイプやミルクタイプ、スプレータイプなどがありますが、好みのテクスチャーのものを選べば良いでしょう。

日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めを使う点で注意したいのは、十分な量をムラなく伸ばすことです。
また1度塗ったら終わりではなく、2~3時間おきに塗り直すことも重要です。

ウォータープルーフのものだからといっても、何度も海やプールに入っているうちに薄くなっていきます。

必ずこまめに塗り直すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。