肌のターンオーバー

美肌を考えるうえで、ターンオーバーは欠かすことのできない重要な働きですね。

この記事ではターンオーバーとはどういうものなのか、美肌のためにどんな働きをするのか、またターンオーバーを正常にするにはどうすればいいのか、といった点についてご紹介していきたいと思います。

ターンオーバーとは?

肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーと言います。

こちらのページで述べたように、皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層からなり、さらに表皮は「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、「基底層」の4層でできています。

基底層に存在する基底細胞が分裂して新しい角質細胞が生まれ、少しずつ上の層へと押し上げられ、約28日間かけて最後は垢となってはがれ落ちていきます。

肌の細胞が生まれて死に、はがれ落ちていく約28日周期のサイクルをターンオーバーと呼んでいるんですね。

わたしたちがケガをして皮膚が傷ついても、かさぶたになってはがれ落ち、キレイな肌に生まれ変わるのは、肌のターンオーバーのおかげなんですよ。

ターンオーバーの周期

ターンオーバーの周期は約28日と書きましたが、この期間には個人差があります。

また一般的に加齢とともに新陳代謝が低下するので、30代~40代になるとターンオーバーの周期は45日程度になると言われています。

齢を重ねるほどに傷の治りが悪くなったり、若い頃にはなかったシミが目立つようになってくるのも、ターンオーバーの機能が低下してくるからなんですよ。

ターンオーバを正常にするには?

ターンオーバは遅すぎるのはもちろん、早すぎても肌トラブルの原因になります。

ターンオーバを正常に保つには何より生活習慣が大切。

  • 規則正しい生活
  • 良質な睡眠
  • バランスの取れた食生活
  • ストレスをためない

などを普段の生活で心がけるようにしましょう。

ターンオーバの第一段階である基底層における基底細胞の分裂は、おもに睡眠中に行われます。

睡眠不足が肌荒れやニキビなど肌トラブルの原因になることは、あなたも経験があるのではないでしょうか。

寝不足は美肌の大敵ですよ。

ターンオーバが遅くなり、くすみが目立ったり肌にゴワツキが感じられたりするときは、定期的にピーリングを行うのが効果的です。

逆にピーリングのやり過ぎや、洗顔のし過ぎでターンオーバが早まってしまうと、肌が乾燥しやすくなります。

この場合は洗い過ぎに注意し、クリームやワセリンで肌を保湿・保護してやることで、ターンオーバを正常にもどすことができますよ。