クレンジングをする女性

夜のスキンケアの1番目はクレンジングでメイク汚れを落とすことですね。

スキンケアの中でクレンジングは最も肌に負担をかけるもの。
肌にダメージを与えないようにするために、ここでは正しいクレンジングの方法を見ていきましょう。

クレンジングの手順

  1. ヘアバンドなどで髪を生え際まで上げる。
  2. 手を洗い清潔なタオルで拭いた乾いた手のひらに、クレンジング料を適量取ります。
  3. クレンジング料をTゾーンからのせ、顔の中心から外側に向かってやさしくなじませます。
  4. 毛穴が詰まりやすい小鼻の周りなどは、指の腹で細かくクルクルと。
  5. 最後にぬるま湯で洗い流します。

クレンジングで汚れが落ちる仕組み

クレンジングで汚れが落ちるプロセスは、

  1. 油分でできているメイクをクレンジングの油分で浮かせる。
  2. 界面活性剤で汚れを乳化して水と混じるようにする。
  3. 乳化したメイク汚れを水で流し落とす。

というものです。

クレンジングの基本成分は油分と界面活性剤でできており、それぞれの配合バランスによって肌への刺激も変わってきます。

クレンジング料は肌質に合わせて選ぶことが大切です。

クレンジング料の種類

ローションタイプ(シート)

油分をほとんど含まず界面活性剤の力だけでメイクを落とす、洗浄力の高い拭き取りタイプの洗顔料です。

洗浄力も刺激も強く、さらに拭き取る時の摩擦もあるため、肌への負担が大きくなりがちです。

オイルタイプ

メイクを落とす働きのあるオイルに加えて、界面活性剤の量も多めです。
濃いメイクもしっかり落とせる反面、乾燥が気になることも。

ゲルタイプ

水に界面活性剤を多めに入れたものがゲルタイプの洗顔料。
みずみずしい感触とサッパリした洗い上がりです。

乳液タイプ

ほど良い保湿力があり肌への刺激も弱め。
クリームタイプと比べると油分が少なく、洗い流しやすい。
普通のメイクは乳液タイプで十分落とせます。

クリームタイプ

界面活性剤が少なく、油分が多めの洗顔料です。
適度な洗浄力と肌への優しさ、乾燥のしにくさが特徴。

油分が肌に残りやすいので、洗い流す前にティッシュオフするのがおすすめです。

クレンジングの注意点

肌に負担がかかるからと、使うクレンジング料の量を少なくしていませんか?
しかし、実はこれはNG行為。

クレンジング料の量が少ないと肌をこすることになり、摩擦で肌がダメージを受けることになります。

クレンジング料は肌の上で摩擦や抵抗なくスルスルとすべるくらい、たっぷり使うようにしましょう。

汚れをしっかり落とそうとしてクレンジング料でパックしたり、長時間肌の上にのせておくのもダメ。

メイクとなじんだらできるだけ早く洗い流すのが正解です。

たっぷりクレンジング料を使い、できるだけ早くメイクを落とすのが大切なんですよ。

またゴシゴシとこするのもNG行為。
手のひらでやさしくすべらせるようになじませましょう。