サングラス

紫外線が目に与える影響・ダメージにはどのようなものがあるのでしょうか?
またその影響・ダメージを抑制するためにはどうすればいいのでしょうか?

紫外線が目に与える影響とは?

地上に届く紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があります。
目に影響を与える紫外線もこの2つの紫外線になるわけですね。

このうちUV-Bのほとんどは眼球の表面の角膜で吸収されます。

UV-Aは角膜を透過してさらに目の奥に進みますが、角膜の奥にある水晶体でほとんどが吸収され、眼球の一番奥にある網膜まで進むのは1~2%です。

あまりに強い紫外線を長時間目に浴びると、目に障害をおよぼします。
そのもっとも有名なものとしては「雪目」があげられるでしょう。

「雪目」というのはサングラスやゴーグルをつけずにスキーをした時に、その時点では特に自覚症状をともなわないものの、数時間後に目に激痛が起こるというもの。

正式な病名は「紫外線角結膜炎」と言います。

また長期間にわたって紫外線を浴び続けてきた眼球は、水晶体を構成するたんぱく質が変性して白く濁ってきます。

水晶体が白く濁る病気を「白内障」と言います。

白内障は眼科の病気の中でも最も多く見られるもののひとつですが、長寿命化による紫外線被爆の増大が、白内障の増加に拍車をかけているのではないかと言われているんですよ。

紫外線を目に受けることで日焼けする!?

肌が日焼けするのは、肌が紫外線を浴びることで表皮にあるメラノサイトが刺激され、メラニン色素が作られるためです。

肌の中に黒い色のメラニン色素が増えることで、肌が黒く「日焼け」するわけですね。

実は紫外線を目に受けて目の細胞がダメージを受けると、肌が紫外線を浴びた時と同じように脳が反応し、メラノサイトにメラニン色素を作るように命令を出すんですね。

これは肌が日焼けするのとまったく同じ状態。
つまり紫外線を目に受けることで日焼けすることがあるということなんですね。

また長期的にはシミの原因にもなり、既にあるシミが濃くなることもあるんですよ。

紫外線の目に対する影響を防ぐには?

紫外線の目に対する影響を防ぐのに最も効果が高いのは、サングラスを着用することです。

ただし、どんなサングラスでも良いというわけではありません。

サングラスを選ぶときは、必ず「紫外線カット表示」のあるものを選びましょう。

「紫外線透過率1.0%以下」の表示があれば、紫外線を99%カットする機能のあるサングラスだということです。

また「UV400」という表示は、波長400nm以下の紫外線をカットする機能のあるサングラスだということ。

紫外線は波長400nm以下の光なので、「UV400」のサングラスは紫外線のほぼすべてをカットできるということでなんですよ。