飲む日焼け止めサプリメント

日焼け止めクリームは美肌のためには絶対に欠かせないものですよね。

しかし、紫外線対策が重要なのは分かっていても、日焼け止めクリームを正しく使えている人は多くはないようです。

また日焼け止めクリームの白浮きやベタつきなどがイヤだという人も多いようです。

そんな日焼け止めクリームに代わるものとして、「飲む日焼け止めサプリメント」が今、注目されています。

この記事では「飲む日焼け止めサプリメント」とはどういうものなのかをご紹介します。

日焼け止めクリームの使用実態

あるアンケートでは、「日焼けはしたくないと思いますか?」という問いに対して95%の人が「はい」と回答しています。

しかし同じアンケートで、「1日の間に何回日焼け止めを塗りますか?」という問いに対しては、「塗らない」と答えた人が8%、「1回」と答えた人が65%で、合わせて73%の人が1回以下の塗り直ししかしていないという結果になりました。

もちろん、日焼け止めクリームの効果をしっかりと引き出すためには、数時間おきに塗りなおすことが必要です。

さらに「日焼け止めを使用する際に嫌なこと、困っていることは?」という問に対しては、

  • ベタベタする…55.5%
  • 白くなる…44.1%
  • 塗り直しが面倒…39.5%
  • ムラになる…24.3%
  • 臭いが気になる…8.5%

という回答結果となりました。

これらのアンケート結果から見えてくるのは、日焼けはしたくないけど、日焼け止めクリームの効果をしっかり引き出すような塗り方をしている人は少ない。

また日焼け止めクリームの使用感について様々な不満がある、ということですね。

こうした不満を一気に解決してくれるかも分からない、新しい日焼け止めアイテムが「飲む日焼け止めサプリメント」。

「飲む日焼け止めサプリメント」とは、これまでの日焼け止めクリームのような体に塗るものではなく、「飲む」ことで日焼け止め効果を発揮するサプリメントのことです。

飲む日焼け止めサプリの成分とは?

飲む日焼け止めサプリメントの「日焼け止め」成分には、

  • ファーンブロック
  • ニュートロックスサン

の2つがあります。

ファーンブロックというのは中央アメリカに自生するシダ植物の一種、「ポリポディウム リュウコトモス」から抽出した成分です。

一方のニュートロックスサンは、南スペインのシトラス果実とローズマリーの葉から抽出した成分です。

どちらの成分も紫外線の強い地域で自生している植物から抽出した、抗酸化作用の強い成分なんですよ。

どんな商品があるの?

日本で最初に注目された「飲む日焼け止めサプリメント」は、「ヘリオケア」というものです。

フジテレビのホンマでっか!?TVで紹介されたことで、一気に有名になりました。

ヘリオケアに次ぐ形で発売されたのが「noUV(ノーブ)」。

「ヘリオケア」は海外製のサプリメントだったんですが、「noUV(ノーブ)」は日本製のサプリメントで、主成分はどちらもシダ由来抽出でした。

この後に登場したのが、ニュートロックスサンを主成分とした「ホワイトヴェール」。
以降、日本製の「飲む日焼け止めサプリメント」が次々に発売されるようになりました。