UV-A・UV-Bが肌に及ぼす影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UV-AとUV-B

紫外線は波長400nm~280nmの光のこと。

※nmは10億分の1メートル。

UV-Aは紫外線の中で最も波長が長く、400nm~315nmの波長の光をUV-Aと呼んでいます。
UV-Aは地上に届く紫外線の約90%を占めています。

UV-Bが夏の7月~8月の間に特に多くなり、冬になると一気に地上に降り注ぐ量が減るのに対し、UV-Aは4月~9月まで多い状態が続き、さらに冬の間も夏の半分程度にまでしか量が減りません。

UV-Aは年間を通して量の変動が少なく、1年中気をつけなければいけない紫外線であると言えますね。

また量が多いため、買い物の時や室外に洗濯物を干す時など、生活の中のちょっとした時間でも肌へのダメージが蓄積していきます。

UV-Aは透過性が高いため、窓ガラスも透過してしまいます。
このため、室内にいる時や車の運転中であってもUV-Aへの注意が必要です。

さらにUV-Aは肌(表皮)の奥の真皮にまで到達し、真皮にあるメラノサイトを刺激して肌を黒くしたり(サンタン)、表皮にある淡色メラニン色素を酸化させて濃色メラニン色素に変えることもあります。

また真皮内のエラスチン線維やコラーゲン線維を変性させて、シワやたるみの原因を作るのもUV-Aの仕業なんですよ。

UV-BはUV-Aほど透過性は高くないため、ガラスを通り抜けて室内に到達することはなく、また肌への影響も主に表皮にダメージを与えます。

ただし波長が315nm~280nmとUV-Aよりも波長が短いため、エネルギーが強いのがUV-Bの特徴です。

UV-Bが肌に及ぼす影響で最も身近なものは、いわゆる「日焼け」です。

あなたもきっと経験があるのではないかと思いますが、海水浴やスキーなど強い紫外線を大量に浴びると、まず肌が赤くなる日焼けが起こります。

この肌が赤くなる日焼けのことをサンバーンと呼んでいます。

サンバーンは肌が紫外線によって炎症を起こしている状態で、紫外線を受けてから8~24時間でピークに達します。

強い紫外線を大量に浴びるサンバーンを繰り返すと肌の遺伝子が傷つき、皮膚がんの原因にもなるので注意が必要です。

サンバーンの状態が数日間続いた後、今度は肌が黒くなってきます。
この肌が黒くなる日焼けのことをサンタンと呼びます。

サンタンは紫外線によって肌のメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素を作ることで起こる現象です。

肌のターンオーバーが正常に行われていると、通常は数ヶ月後には表皮の中のメラニンが排出され、元の肌色に戻ります。

しかし加齢などの原因で肌のターンオーバーが遅くなるとメラニンの排出が進まず、肌の中に残ってシミやくすみなどの原因になるんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。