紫外線吸収剤と紫外線散乱剤※特徴と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UVケア用の化粧品

UVケア用の化粧品には大きく分けて「紫外線吸収剤」を使用するものと、「紫外線散乱剤」を使用するものの2種類があります。

それぞれにどのような特徴があるのか、またどのような点に注意して日焼け止め化粧品を選べば良いのかをご紹介します。

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤というのはその名前どおり、紫外線を吸収して熱エネルギーなど他のエネルギーに変換して放出することで、紫外線が肌に届くのを防ぐものです。

化学反応を利用した日焼け止め成分だと言えるでしょう。

紫外線吸収剤の主な成分には、

  • ケイヒ酸系
  • ベンゾフェノン系
  • トリアジン系

などの化学物質があります。

肌に塗った時に白浮きせず、またキシミ感などもないので使用感の良いのが特徴です。

ただし、化学反応を起こして紫外線を防御する仕組みなので、一定時間が過ぎると化学反応ができなくなるため、塗り直す必要があります。

また肌の表面で化学反応を起こすため、まれにアレルギー反応を起こす人がいます。

紫外線散乱剤とは?

紫外線散乱剤というのは微粒子粉体の散乱剤で肌を覆い、肌の表面で紫外線を反射・散乱させて肌に届くのを防ぐものです。

紫外線吸収剤が化学的な仕組みで紫外線を防御するのに対し、紫外線散乱剤は物理的な仕組みで紫外線を防御するものであると言えるでしょう。

紫外線散乱剤の主な成分には、

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

などがあります。

肌荒れ等が起こりにくいので、肌が弱い人に向いている日焼け止めです。

「敏感肌用」などとして販売されている日焼け止め化粧品は、紫外線散乱剤のみを使用したものが多いですね。

ただし、肌に塗った時に白浮きすることと、キシミ感などがあるので使用感では紫外線吸収剤に劣ると言えますね。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤、どっちを選ぶ?

日焼け止め化粧品には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどちらか一方のみを配合しているものと、両方を配合しているものがあります。

紫外線をしっかり防ぎたいときには紫外線吸収剤を配合した日焼け止めを、肌への負担を軽減したいときには紫外線散乱剤を配合した日焼け止めを選ぶようにするのがおすすめです。

その他、日焼け止め化粧品を選ぶ際の注意点

日常生活の中で使う日焼け止め化粧品と、海や山のレジャーの時に使う日焼け止め化粧品とでは、紫外線防止効果の度合いが違っていて当然ですよね。

日焼け止め化粧品はどんなシチュエーションで使うのか、TPOに応じた使い分けをするのがおすすめです。

日常生活用にはSPF20~30、PA++程度のものを、海や山のレジャーの時用にはSPF50+、PA++++の、最も紫外線防止効果が高いものを使うようにしましょう。

特に汗や水で日焼け止めが流れてしまいやすい海や山のレジャーには、ウォータープルーフ機能の付いたものがおすすめ。

中でも「NALC 日焼け止め」は独自の最新特許技術「三相乳化法」により、界面活性剤フリーで水で流れない日焼け止め。
海や山で使うのには最適です。

次のサイトにはそんな「NALC 日焼け止め」を実際に使ってみた体験口コミが掲載されています。

NALC 日焼け止め【海でも焼かない】は本当か?管理人の体験口コミ

また紫外線や日焼け止めに対する様々なお役立ちコラムもあって、とってもおすすめのサイトですよ。
ぜひご覧になってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。